看護師求人は無資格だと働けないの?

看護師求人は基本的に有資格者の募集となります。
例えば、看護師や准看護師は国家資格になりますので、資格を持っていないと採用対象にはなりません。

しかし、なかには無資格者を募集している病院や施設もあります。
まず、最も多いのが無資格でも働くことができる介護施設です。
高齢化社会が進む現在では介護施設のニーズが高く、職員の手が常に不足してしまっています。
そのため、無資格者でも業務補助の形態で採用に至ることが多く、介護の仕事に携わりたい人でも応募することが可能です。

また、事務員などの総務スタッフを募集している病院や施設もあり、これらの部署ならば無資格でも問題なく働くことができます。
いずれにしても、働きたい意欲を職場に活かすためにも、自分が希望する職種へ応募してみるべきです。

看護師求人では無資格でも採用を目指せる案件が多いため、まずはチェックしておきましょう。

介護施設で働くメリット

無資格で介護施設で働く際に、最も大きなメリットとして挙げられるのが、働きながら資格の取得を目指せることです。
もし無資格で介護施設に採用された場合でも、現場では介護の補助者として働くことになり、しっかりと実務について働きながら学ぶことができます。
つまり、毎日の仕事を通じて介護の資格取得に必要な経験を積んでいけるため、後々の資格取得が有利になります。

また、介護の実務をキャリアとして身につけられるのも、介護施設で働くメリットのひとつです。
今後は高齢化社会がさらに加速していき、介護職のニーズは確実に高まります。
そのため、仮に介護の資格を取得しない場合でも、介護施設で働いたキャリアを持っていれば、後の転職へと活かすことができます。
このように、介護施設で働くことは様々なメリットがあり、自身の成長にも役立てることが可能です。

自分に合った職場を見つけることが第一になりますので、介護施設の求人情報を調べてみて、最適な就職先を見つけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました